catch


プロフィール

上村敏行(かみむらとしゆき)。
1976年鹿児島生まれ。九州ウォーカーで「バリうまっ!九州ラーメン最強列伝」(04年)、「イケてるラーメン俺に食わせろ」(08年)、「半額ラーメン」(現在連載中)など数々のラーメンページを担当し取材した店は約400軒。福岡ラーメン界のキーマン店主たちとも親交が深い。「J.9 ジェイキュー」代表。

最近の記事

7月オープンの新店「大名ちんちん 平尾店」。 四川料理の経験を生かした絶品担々麺を喰らう。
2011年11月4日
久しぶりに大橋「らーめん大」に来店。 やっぱしド迫力の野菜“増し増し”
2011年10月28日
「拉麺 久留米 本田商店」の一杯に感動! 人気沸騰中の“久留米焼きめし”も要注目です
2011年10月21日
オープン10周年を迎えた名店「いってつ」 シンプル豚骨! その実力を再確認。
2011年10月14日
8月オープンの渡辺通「麺屋 まつけん」。 オーダーに迷ったら“台湾拉麺”を。
2011年10月7日

◆コメント・TBについて◆

コメント、およびトラックバックは、株式会社シーアールにて、ずんだれ日記へのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福岡情報へ

RSS

7月オープンの新店「大名ちんちん 平尾店」。 四川料理の経験を生かした絶品担々麺を喰らう。

今日はガッツリと辛麺気分。
ウマい担々麺を求めて「大名ちんちん 平尾店」へ行ってきました。
大名ちんちん平尾店は赤坂本店、大野城(大名ちんちん離宮)、
イオンモール福岡ルクルに続く、系列4店舗目。
今年7月オープンの新店です。
場所は平尾の山荘通り、餃子「テムジン」と同じ敷地。

メニューは担々麺、辛酸っぱいサンラー麺、麻婆豆腐の3本柱。
そのほか一品メニュー多いですね。
赤坂店より居酒屋色が強くなっています。


担々麺(550円)。

久々いただきましたがやっぱりここの担々麺好き!
1杯550円とコスパ優秀だし。

スープは鶏ガラではなく、鶏のムネ肉と10種の香味野菜
がベース。肉のウマ味がしみ出したこの淡麗スープに、
香ばしさにこだわる煎りゴマ、合挽き肉味噌をイン!
トウガラシ3種にハーブなどを組み合わせた自家製ラー
油が爽やかな辛味、芳醇なコクを添えます。

辛味のなかに甘味、深いコクを感じる絶品担々麺!
約15年、四川料理の厨房で腕を磨いた店主さんのセンス
が光ります。いやいやウマいっすね〜。

自家製ラー油、山椒が効いた陶板焼き麻婆豆腐も必食。


麻婆麺(900円)もお試しあれ。


焼き餃子(6個380円)は皮が厚くモチッとしています。夜のみのメニュー。


【大名ちんちん平尾店】
住所:福岡市中央区平尾4−4−10橋詰ビル1F
電話:092−524−1088
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜24:00
休み:月曜
座席数:8席


大きな地図で見る

カテゴリー: その他, 薬院・平尾 | admin | コメントはまだありません »



久しぶりに大橋「らーめん大」に来店。 やっぱしド迫力の野菜“増し増し”

先日、戸畑に今夏オープンした新店「ラーメンだるま」に行ってきた
のですが、ワシワシッと食べごたえのある二郎インスパイア系の魅力
を再確認。ということで、ガッツリ麺を求めて大橋「らーめん大」に
もフラリ行ってきました。(戸畑「ラーメンだるま」は今度詳しく紹
介します)。

「らーめん大」といえばこれですよね。

らーめん(600円)。

スドドド〜ン!! と、野菜“増し増し”。
らーめん二郎の流れを汲む“堀切系”。豚のげん骨、野菜を煮込んだ茶褐色
スープに山盛り野菜。麺に辿り着く前にお腹いっぱいになる恐れあり(笑)。
強力粉を使う麺はツルッとすするのではなく、ワシワシ、ズズッ〜!の食感。
ラーメンスタジアムにも出店中なのでだいぶ浸透してきたのではないで
しょうか。

「らーめん大」では“まぜそば”もぜひ試してもらいたい。


特製まぜそば(830円)。

具材にぎやかジャンキーなスープOFF!
生卵にゆで卵、メンマ、ネギ、チーズ、ポテトチップス、フライドオニオン、
キャベツ、モヤシなど、とにかくてんこ盛りです。

なかでも注目していただきたいのが茶色いソースのような調味料。
実はコレ柚子と魚介を合わせた隠し味のペースト。
豪快に混ぜてすすると、柚子の風味がフワリ。全体を見事にまとめています。


サイドメニューには「豚めしのり巻き」(180円)。
辛子マヨネーズ入りでおいしい。

ごちそうさまでした〜、う〜満腹•••。


【らーめん大 福岡大橋店】
住所:福岡市南区大橋2−12−13
電話:092−561−6611
営業時間:11:30〜翌3:00
休み:なし
座席数:10席


大きな地図で見る

カテゴリー: その他, 福岡市内 | admin | コメントはまだありません »



「拉麺 久留米 本田商店」の一杯に感動! 人気沸騰中の“久留米焼きめし”も要注目です

B級グルメの聖地•久留米でいま最注目のグルメ
“久留米焼きめし”。ラーメンとの鉄板コンビ
である、この焼きめしを調査するべく久留米の
ラーメン店約30軒を3日間で食べ歩きました。
(詳細は後日このブログで紹介します)。
今回はその取材でも訪れた「拉麺 久留米 本田商店」をご紹介。
わたくし久しぶりの来店だったのですが、その実力を再確認しました。

本田商店は久留米市問屋街で履物業を営んでいた同屋号の商店が前身。
現店主(本田眞一さん)の父親が履物業から転業し「筑後丸福ラーメン」
をオープン。そして筑後丸福のセカンドブランドとしてデビューしたのが
「拉麺 久留米 本田商店」なのであります。

歴史を感じる店内の看板。

本田眞一さんはインテリアコーディネーター、カラーコーディネーター
の資格を持つ異色のラーメン店主。
飲食店やホテルの空間デザインも手掛けていたということもあり、
ラーメン作りも緻密で計算し尽くされている。
とにかく丁寧な仕事っぷり。そして気さくな人柄にも好感が持てます。

ラーメン(550円)。

スープに使うのは豚の頭とげん骨。いわゆる“呼び戻し”技法。
2、3つある裏の大釜と表の本釜を駆使して濃度とコクを調整。
クリーミーながら後味はすっきり、絶妙の乳化具合で仕上げます。
時間をかけて骨の髄の旨味をしっかりと抽出する。
そんな手本になるようなスープではないでしょうか。

そしてこのツルシコ麺。本田商店ではラーメンの麺はもちろん、
ちゃんぽん麺も自家製にこだわっています。
運が良ければ店内で製麺している様子が見られますよ。

ラーメンと焼きめしのセットは(大980円、中880円、小780円)。

パラッとしつつ、程よいしっとり感を残した絶品焼きめし。
口の中でラーメンのスープと合わさるとフワッと旨味が広がる。

本田商店はギョウザもウマい!

「健康五色」鉱泉ギョウザ(10個680円、5個400円)。

生地にクロレラ、竹炭、カボチャなどを練り込んでいます。

ラーメン、焼きめし、ギョウザともに高レベル。
もちろんコスパも優秀だし。
久留米ラーメンヒストリーも含めて、改めて一から調べ
直してみようと思いました。

【拉麺 久留米 本田商店】
住所:福岡県久留米市南3−27−29
電話:0942−55−4065
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜22:00、
土曜、日曜、祝日11:00〜22:00
休み:第2日曜
座席数:35席
駐車場:14台
交通:久留米ICより車で15分。西鉄バス南町バス停すぐ


大きな地図で見る

カテゴリー: とんこつ, 福岡県内 | admin | コメントはまだありません »



オープン10周年を迎えた名店「いってつ」 シンプル豚骨! その実力を再確認。

今回紹介するのは、9月でオープン10周年
を迎えた塩原「博多長浜ラーメン いってつ」。
元祖長浜屋、一心亭などで腕を磨き、長浜ラ
ーメンの生き字引とも言える大将が迎える名
店であります。シンプルながらウマ味が何層
にも押し寄せるラーメンが根強い人気。
そういえば、ブロガーのせーじさんも大ファ
ンだと言っていました。

ラーメン(550円)。

スープに使うトンコツは頭骨、くるぶし、背骨など。
「一番スープは風味が強いがコクが足りない。さらに煮込むと
コクが強くなるが風味がなくなる」と大将。2つの大釜を使い、
若いスープと長時間炊いたスープを絶妙にブレンドすることが
ウマさの秘密であります。確かにこの濃度、塩気は絶妙。
食感、喉越しのいい丸細ストレートともよく絡みますね。

豚バラのチャーシューも絶品。
焼豚を少なくとも4回、繰り返し炊きウマ味を凝縮した醤油を
元ダレに使っているそうです。

ラーメンとのテッパンコンビ焼きめし。必食メニューです。
刻みチャーシュー、カマボコ、ネギなど具だくさん。
ラーメンとのセット半チャーハンは250円。

味に頑固な大将•森下和年さん。
「昔ながらの長浜屋台の味を再現してます」

卓上に置かれた辛し高菜がこれまた美味。

カウンターとテーブルの19席。

【博多長浜ラーメン いってつ】
住所:福岡市南区塩原3−22−27
電話:092−541−6800
営業時間:11:00〜24:00(LO23:30)
休み:日曜
座整数:19席
駐車場:3台


大きな地図で見る

カテゴリー: とんこつ, 福岡市内 | admin | コメントはまだありません »



8月オープンの渡辺通「麺屋 まつけん」。 オーダーに迷ったら“台湾拉麺”を。

前回のブログで警固「チャイニーズダイニング斉」をご紹介
しましたが、今回の主役「麺屋 まつけん」も斉と同じジャ
ンル“台湾風ラーメン”が食べられる新店であります。

渡辺通2丁目に8/21オープンした「麺屋 まつけん」。

入口の食券機の前に立つと“台湾拉麺”“もつにら拉麺”“塩ラーメン”
などなどメニューがたくさんあり迷ってしましますが、

全種類食べてみたわたくしの意見としては
「台湾拉麺」を頼むのがおすすめです。

台湾拉麺(700円)。

スープのベースは鶏ガラ(胴ガラ、足ガラ)×野菜(ネギ、タマネギ)。
弱火でコトコト、エグミを出さないよう絶妙の火加減をキープ。
台湾拉麺は、そのピュアなスープに塩ダレを合わせ肉味噌を加えたもの。
ラー油とタカノツメがたっぷり入っています。
肉味噌を溶かしながら食べてみると、かなり辛い!
辛さのなかにもスープのコクはしっかり感じられて、食べすすめるごとに
ジワリジワリ旨味がやってくる。

春吉の製麺所•張源洋行から仕入れているという中太ちぢれ麺との絡みも
いいですね。

これは飲んだ後のシメに良さそう。22:30までしか開いてないけど•••。

ちなみに「もつにら拉麺」は醤油ベース。生ニラをスープに浸しながら
いただきます。

にら饅頭(280円)。

ビールのおつまみに付いてきたタケノコがウマかった!

【麺屋 まつけん】
住所:福岡市中央区渡辺通2−8−1 フェリス薬院102
電話:092−713−8525
営業時間:11:30〜14:30、17:00〜22:30
休み:土曜、祝日
座席数:16席
駐車場:なし
交通:西鉄薬院駅より徒歩5分


大きな地図で見る

カテゴリー: その他, 福岡市内 | admin | コメントはまだありません »